東京福祉専門学校の教育

時代に即した
職業人教育をめざして

社会と業界のニーズに応える人材の育成は、学生の夢を叶えると同時に、社会に貢献することだと考えています。

学生・保護者、産業界、高等学校、地域のみなさまが「この学校でよかった」と思っていただける教育を、一人ひとりの学生を大切にしながら、実践していきます。

滋慶学園グループ教育方針 Educational policy of Jikei Group

東京福祉専門学校が所属する滋慶学園グループの全国73校の専門学校で
ミッションと建学の理念を共有して、4つの信頼の獲得を目指して運営しております。

ミッション

「職業人教育を通して社会に貢献する」

建学の理念

私たちは職業人を育成するため、職業訓練校としてではなく「実学教育」・「人間教育」・「国際教育」を実践する教育機関でありたいと考えています。

4つの信頼

学生・保護者からの信頼、高校からの信頼

産業界からの信頼、地域からの信頼

東京福祉専門学校教育方針 Educational policy of our college

学校長メッセージ Message from the President

東京福祉専門学校 学校長小林 和弘

厚生労働省 老健局総務課長、大臣官房審議官、関東信越厚生局長などを歴任
現在は、本校学校長のほか社会福祉法人 友愛十字会理事長、学校法人 日本社会事業大学 評議員

誰もが安心して歳を重ね、病気や事故により障害を抱えるようになってもしっかりした福祉的対応が用意され、また子供をもちたい人が安心して子育てができるという社会はすべての人の共通の願いであり、なんとしても実現しなければなりません。

このような福祉社会実現のために皆さんの力を十二分に発揮していただくためにも皆さんの学生生活を実りある充実したものとする必要があります。

このためには何よりも先ず皆さん方自身が常に高い取り組み意欲を持って頂く必要があることは当然として、東京福祉専門学校は全力を上げて皆さん方の思いを実現する手助けをしたいと考えています。

さまざまなライフスタイルに応じた各種の専門教育コース、多くの福祉現場での実習、各人の希望に応じた就職サポートなどをフルに利活用していただきたいと思います。また、そばには親身になって皆さん方を教えさまざまな相談に乗ってくれる多くの先生方がおります。さあ、福祉のスペシャリストを目指してともにがんばりましょう。

(2018年度入学式学校長メッセージ抜粋)

専門学校であることの意義とは

東京福祉専門学校では、滋慶学園グループの教育理念をベースに学校独自の教育システムを分野・学科ごとに設定しています。
本校の全学科を貫く考え方は「学問じゃない!福祉教育」です。
学問を究め社会に還元していくことは大学の努めです。
しかし、専門学校では、職場で通用する専門の資格と専門の知識と、専門の技術の習得が目的です。

技術習得のための実習の現実

専門の技術の習得には世の中で広く行われている仕事を覚える手順が必要です。それは、「仕事は仕事をして覚える」という福祉に限らずどの業界でも当たり前のプロセスが必要です。そのために「実習」という実際の福祉・医療・保育現場で利用者・患者・こども達と接する場が設けられています。
しかし、実習は実際の現場で行われるため、そこには利用者・患者・こども達の生活があります。またそこで働くプロの厳しい評価も待っています。実習先は利用者・患者・こども達中心であるため、学生が失敗しづらい場所でもあります。

学校施設と現場をつなぐ「学べる場」の重要性

そこで、本校では学内の施設や学校と提携関係のある施設で、学校と現場の中間の学ぶ場を設け、学校での学びとそこでの体験とで、自信をもって実習に臨め、更に資格取得・卒業・就職に進んでいける教育を実践しています。

東京福祉専門学校実績 Achievement

開校からの卒業生総数

17,972

たくさんの卒業生が福祉・保育・医療現場で活躍しています。全国各地の就職先に東京福祉専門学校で学んだ先輩たちがいるので、業界との間に強いつながりがあります。就職・実習の際にも心強い存在です。

就職率

100%(2017年3月卒業生実績 409名/409名)

就職希望者全員が就職しています!

専門職就職率

96%(2017年3月卒業生実績 393名/409名)

大学では学んだこととは別分野に就職することが多いですが、東京福祉専門学校ではほぼ全員が学んだ分野に就職しています。

歴史

創立30周年

平成元年に設立された東京福祉専門学校は今年創立30周年を迎えます。

求人数

29,286(2017年3月実績)

就職希望者409名に対して、求人人数は29286人分。業界からの信頼の証です。

求人倍率

71(2017年3月実績)

学生1人に対して71倍の求人票があります。たくさんの求人先から自分たちに合った就職先を選ぶことで、自分らしく働ける職場が見つかります。

1年以内の離職率

2.0%(2016年3月卒業生実績)

大学1年以内の離職率11.3(厚生労働省発表資料より)

卒業後1年以内の離職率0%を目指しています。在学中は仕事に直結した学びを行いますが、卒業後は働き始めてからの悩み相談やさらなる知識・技術を習得する勉強会を開催。働く事へのモチベーション向上にもつなげています。

介護福祉士輩出数

全国1(2017年3月実績)

累計4,039(1989年開校以来)

介護福祉士養成校のパイオニアとして、開校の平成元年から4,000人を超える介護福祉士を輩出してきました。多くの卒業生が介護の現場で活躍しています。

学生出身都道府県

47/47都道府県

福祉分野のリーダー校として、全国各地から学生が集まります。

精神保健福祉士
国家試験合格率

100%精神保健福祉士一般養成科
2018年3月卒業生実績 20名/20名

全国1

全員
合格

社会福祉士
国家試験合格率

92.9%社会福祉士一般養成科
2018年3月卒業生実績 52名/56名

関東1

作業療法士
国家試験合格率

86.4%作業療法士科夜間課程
2018年3月卒業生実績 32名/37名

ページの先頭へ