オープンキャンパス

資料請求

先輩インタビュー
  • 2016年卒業生

    Nさん

    精神保健福祉士一般養成科

    • 精神保健福祉士
    • 医療法人社団和賀会 下総中山メンタルクリニック
    • 東洋大学 文学部出身

目指すのは 医療とキャリアビジョンの架け橋

同僚のうつ病がきっかけで産業分野のメンタルヘルスに興味を持ちました

営業職をしていた経験から、人の役に立てる仕事への強い魅力を感じるようになりました。そんな時に、同僚がうつ病になったことがきっかけで、産業分野のメンタルヘルスに関心を持ちました。働く方々の心の健康をサポートしながら、共に将来にキャリアや人生のステップを考えていくことのできる職業はないかと考え、精神保健福祉士を目指すことを決意しました。

地域精神科医療の最前線機関として産業分野の精神保健活動に取り組んでいます

精神科クリニックで精神保健福祉士として働いています。職務内容は多岐に渡りますが、悩みを持つ患者さんのインテーク面接や休職中の方々の復職支援、疾患に対する心理教育や療養指導など、年代性別を問わず多くの方の相談業務やケースワークを行っています。また、最近では企業におけるストレスチェックでの高ストレス者を対象とした検診業務も担当しており、地域精神科医療の最前線機関として、他職種と連携しながら、産業分野の精神保健活動にも取り組んでいます。

他職種との連携が重要であり、うまく連携できたときにやりがいを感じます

日々、患者さんと接している瞬間にやりがいを感じます。相談に来られる患者さんは様々な困りごとを抱えています。その方々の治療や支援は人それぞれです。だからこそ、他職種との連携が重要であり、うまく連携できたときにやりがいを感じます。今後は産業分野と精神科医療の更なる連携を目指し、予防的側面やキャリア形成の視点も持った専門職になりたいと思っています。

先輩の所属する学科