オープンキャンパス

資料請求

先生インタビュー

作業療法士の魅力は一人ひとりに向き合った個別性のある支援ができるところです

  • 作業療法士科 夜間部
  • 作業療法士科 昼間部

大和田 みな未先生

専門分野

作業療法 精神障害領域 身体障害領域

前職・経歴

長崎大学医学部保健学科作業療法学専攻を卒業。その後、地域のデイサービスでフィールドワークを行いつつ、長崎大学大学院医歯薬学総合研究科保健学修士課程へ進学し、大学病院と連携しながら精神分野の研究に携わる。大学院修了後は上京し、精神科病院や地域包括ケア病床などで臨床経験を積んだのち、東京福祉専門学校に入職しました。

資格

作業療法士

現場で働いていた時、どのような方を支援していましたか?

閉鎖病棟、開放病棟に入院している精神疾患を呈する方。 地域包括ケア病床に入院している、整形疾患、脳血管障害等を呈する方。

プロフェッショナルゼミ”地域包括ケアのOT”で学べること

地域包括ケアシステムの構築が推進され、作業療法士に求められる力も多様化しています。そんな中、地域包括ケア病床での作業療法士の働き方について学べる時間としていきます。

学びの全てに”ワクワク”を

作業療法士は対象者の心身機能だけではなく、その方の性格・趣味・周りの環境など、さまざまな視点からアプローチを行います。対象者一人ひとりに向き合った個別性のある支援ができる、そんな作業療法士の可能性と魅力を皆さんに伝えていけるような授業を心がけていきますね。一緒に楽しく活き活きと学んでいきましょう。

大和田 みな未 先生の所属する学科