本文へ移動する

アセット 20

心理と福祉を両方を学び
公認心理師を目指す

心理カウンセラー科

  • 昼間部
  • 4年制
  • 対象 高校卒業以上の方

人のこころや行動に興味がある。

たくさんの人の悩みや課題を解決する仕事がしたい。

学びのPOINT

専門学校初の公認心理師取得を目指す学科!
福祉の専門学校だからこそ学べるオンリー1のカリキュラムで、実践力を身に付けます。

POINT1

心理と福祉の
国家資格を両方目指せる

心理と福祉の両面から支援のできる強み

心理カウンセラー科では、日本初の心理の国家資格である「公認心理師」と、心の悩みを持つ方々を福祉的に支援する国家資格「精神保健福祉士」の資格を目指します。将来は、心理と福祉の両面から支援のできる強みを持って働くことができます。

公認心理師精神保健福祉士2つの資格を持っているといいコト
心理の力と福祉の力両方が身につく!

生活全体を支える力と心の状態を把握する力が身につくことで、トータルにその方を支えることができる専門家になれます。

図:心理の力と福祉の力両方が身につく!
活躍の幅が広がる!

公認心理師に加え、精神保健福祉士を取得することで、社会復帰の支援や他職種との調整などにも力を発揮することができます。

図:活躍の場が広がる!

POINT2

大学院に進学しなくても
公認心理師を目指せる

実務経験を積んでから国家試験に挑戦!

公認心理師を受験するためには2つのルートがあります。東京福祉専門学校では卒業後、2年から3年間の指定されたプログラムの実務経験を積み、国家試験を受験するルートを推奨しています。実務経験を積むことで、実践力を身に付けながら、学校で学んだ知識を国家試験合格レベルまで深めることができます。また、卒業時に精神保健福祉士を取得することが、就職の際の強みになります。

公認心理師になるためには ― 東京福祉専門学校の場合
図:公認心理師になるためには(東京福祉専門学校の場合)

POINT3

学校付属施設で
カウンセリングの基礎を磨く

専門学校だからこそ身につくカウンセリングの基礎

専門学校だからこそ身につくのが実践的なカウンセリング力。在学中は法定実習以外にも、学校附属の保育園、障害者地域活動支援センター、特別養護老人ホームなどでさまざまな対象とコミュニケーションを図る機会がたくさんあります。この体験を通して、カウンセリングの基礎となる「傾聴」や「共感」の力を高めます。

図:専門学校だからこそ身につく実践的なカウンセリング力

時間割

1限 カウンセリングの基礎 精神保健福祉相談援助の基盤(基礎) 精神保健福祉の理論と相談援助の展開Ⅰ 精神保健福祉援助演習(基礎) チャレンジプログラム
2限 心理学概論 情報リテラシーⅠ 公認心理師の職責 障害者に対する支援と障害者自立支援制度
3限 キャリアプランニング 数理・自然科学の基礎 学習・言語心理学 知覚・認知心理学
4限 心理学的支援法

※一例になります。年度や学年によって時間割は変わります。

目指す資格

  • 公認心理師
  • 精神保健福祉士

目指す職業

  • カウンセラー
  • 生活支援員
  • 生活相談員
  • 医療ソーシャルワーカー
  • 精神科ソーシャルワーカー
  • 支援相談員
  • 就労相談員
  • ケースワーカー
  • スクールソーシャルワーカー

カリキュラム

1年次 2年次 3年次 4年次
学年目標 心理・福祉の専門職として求められる基盤を、主体的に学び身につけることができる。 多様な分野で求められる心理的支援や相談援助技術を、講義・演習・現場体験を通して理解することができる。 一人ひとりに心理状態に応じた支援をするための知識と技術を深めるとともに、多角的に支援を行うための視点を磨く。 精神保健福祉士に必要な知識と技術を着実に身につけ、国家試験合格をめざす。
中心となる学び 心理学・福祉の基板についての理解 領域別の心理的支援の理解・相談援助技術の修得 心理演習・心理学実験 精神保健福祉士国家試験対策
現場実習 チャレンジプログラム 地域連携プログラム 心理実習 精神保健福祉援助実習

教員紹介

山岸 有里 先生

担当科目
心理検査、発達心理学、心理演習
保有資格
公認心理師/臨床心理士/精神保健福祉士
座右の銘
未来の自分にやさしく

カウンセラー、心理師を目指す皆さんは、きっと

  • 人を助けたい、人の役にたちたい
  • 悩んでいる人の気持を楽にしてあげたい
  • 自分のこと、相手のことをもっとよく理解したい

と思ってると思います。私もそうでした!私に皆さんの「夢、あこがれを聞かせてください」そして、その実現のお手伝いをさせてください。

平上 恭弘 先生

担当科目
キャリアプランニング、公認心理師の職責
保有資格
臨床心理士/産業カウンセラー
座右の銘
やるなら今しかねぇ

心理学は小中高では学ばなかった分野ですので新鮮な気持ちで学べると思います。過去がどんなものであろうと本当に大事なのは、"いまの自分"、"これからの自分"です。これからのあなたの頑張りが将来の仕事へと直結していきます。これまで医療、福祉、教育分野で経験を積んできたので、大切なことを伝えていきます。

安部 直美 先生

資格
精神保健福祉士
担当科目
保健医療サービス、精神障害者の生活支援システム、精神保健福祉援助演習 等
休日の過ごし方
子どもと遊ぶ

人の相談に乗る仕事は、大変なこともたくさんありますがとてもやりがいのある仕事です。 授業の中では、実体験を踏まえて、仕事をしていて辛かったことも嬉しかったことも学生のみなさんに伝えています。

西園寺 弘久 先生

資格
社会福祉士/精神保健福祉士
担当科目
プロ養成講座、卒業研究
座右の銘
世の中に急ぐべき事なんてなにもないんだよ

私は、東京福祉専門学校の卒業生です。私もここで学び社会福祉士・精神保健福祉士の資格を取りました。

私が学んできた事を皆さんにお伝えしていきます。仕事や資格の習得方法など何でも聞いてください!

皆さんがここからプロになっていく事を応援しますよ!!

学科動画

フォトギャラリー

まじめな学びの風景から、先生や在校生のゆる~いプライベートまで。学科の様子を写真でお伝えします。

学科の実績

合格実績

精神保健福祉士 合格率

全国平均62%

68.3%

  • 2017年社会福祉士・精神保健福祉士科3月卒業生実績(28人合格/41人受験)

先輩の声

在校生 取り組んだことのフィードバックが自分の力に

社会福祉士・精神保健福祉士科公認心理士科目選択学生 小菅 優菜さん

地域の方やこどもたちに対して、学んだことをすぐに実践するのは緊張します。でもダイレクトな反応や他の専門職の方からいただく指摘から自分に必要な力が明確になります!

在校生 机の上だけじゃ学べないことが学べる

社会福祉士・精神保健福祉士科公認心理士科目選択学生
神奈川県向上高等学校出身
山田 真白さん

公認心理師と精神保健福祉士を目指せる学校ということから入学を決めました。演習の授業や実習がたくさんあるので、自分で実際に体験して学べるし、苦手だったことができるようになったり、ものの見方や考え方が変わると思います。机の上だけじゃ学べないこともたくさんあると思います!

東京福祉をもっと知りたい方へ授業が体験できます。気軽に相談できます。

オープンキャンパスでは、普段の授業を体験したり、入学に関する様々な相談ができます。

ご都合が合わない方には、日程と時間を選べる個別相談会を開催しています。

オープンキャンパス体験授業お申込み

現在、参加可能な体験授業を表示しています。

参加をご希望される方は、ボタンを押して必要事項を入力してください。

ページの先頭へ