本文へ移動する

アセット 20

実践力を兼ね備えた
精神保健福祉士を目指します。

精神保健福祉士一般養成科

  • 昼間部
  • 1年制
  • 対象 4年制大学卒業・卒業見込み

こころの問題や

生きづらさを抱える人の

サポートがしたい。

精神保健福祉士 合格率

100%

2018年3月卒業生実績(20人合格/20人受験)

合格率 全国1位

日本初!! 同時取得可能 精神保健福祉士×産業カウンセラー

学びのPOINT

病院や施設を見学・体験できる
現場体験プログラム
産業カウンセラー取得で自信をつける

POINT1

産業カウンセラー”を同時に取得!
高いカウンセリング力が身につきます!

高いカウンセリング力を持つ
精神保健福祉士になれる

精神保健福祉士は心に悩みを持つ方を支援するために、家族や医療機関、行政機関などへ働きかけたり、その方々と調整をする力が求められます。

産業カウンセラーは「聴くこと」を基本に、人を支える力が求められます。

東京福祉専門学校ではその2つを同時に目指すことができるので、1年間で調整力とカウンセリングが身につき、より高い専門性を持った精神保健福祉士になることができます。

※東京福祉専門学校で同時取得すると一部科目の免除に加え、費用も免除されます。

精神保健福祉士と産業カウンセラーの資格を同時取得
活躍する卒業生の声
産業分野でメンタルヘルスの予防に関わりたい!

精神保健福祉士 産業カウンセラー 小原麻衣子さん

日本航空株式会社にて客室乗務員として活躍。その後、東京福祉専門学校にて、精神保健福祉を取得。精神保健福祉士として働いているうちに、カウンセリングについて学びたいと思い、産業カウンセラーを取得。現在は、EAP企業にて、企業に勤める社員やその家族の相談に応じている。

企業に勤める社員の方やご家族の相談に応じています。相談内容は人間関係や労働条件、ご家族のプライベートの問題や、子育ての問題など様々です。組織の中で、メンタルヘルスを予防できる取り組みを考え、誰もがその人らしく生活できる支援を考えていくことがこの仕事のやりがいです。今後は組織論を勉強し、社員が健康でありながら、同時に、利益をあげることができる組織作りをお手伝いしていきたいです。

POINT2

実際の現場を見学・体験
「現場体験プログラム」

様々な現場を体験、
就職活動にも役立ちます

精神科病院や精神障害者がいる福祉施設だけでなく、高齢者施設や特例子会社などの現場を見学・体験します。210時間の実習にプラスして現場を体験できるので実践力も身につきます。また自分らしさを生かせる場を見つけられるので就職活動にも役立ちます。

インターン制度で行政・障害者施設・病院の仕事を体験

POINT3

合格率100%
(全国平均62.9%)
国家試験合格フローシステム

スキマ時間も利用しながら
効率的に学習

毎回の授業で行う確認問題、復習問題、学期ごとに行う定期試験、そして年4回の模擬試験とフローで国家試験合格を目指します。また授業ではインターネットによるWEB学習システムを活用。自宅でも通学途中でも、あらゆるシーンでスキマ時間も利用しながら効率的に学習に取り組めます。

イメージ図:スマホでの自己学習
毎回の授業が国家試験対策授業

レジュメ

重要ポイントが分かる完全オリジナル教材で勉強します。

確認問題

授業の最後に行う「確認問題」でその日の内容が理解できたか確認します。

復習問題

翌週の授業の最初に行う「復習問題」で前週の内容が定着できたかが分かります。

定期試験・模擬試験

年4回の模擬試験後には担任の先生が勉強のやり方について個別面談をします。

時間割

1限 精神保健福祉援助演習 精神疾患とその治療
医療・福祉現場が体験できる
現場体験プログラム
精神保健の課題と支援 人体の構造と機能および疾病
2限
3限 保険医療サービス 精神障害者の生活支援システム 精神保健福祉相談援助の基盤
4限

※一例です。年度によって時間割は変わります。

目指す資格

  • 精神保健福祉士

目指す職業

  • 精神科病院
  • 精神科クリニック
  • 精神障害者地域生活支援施設
  • 精神保健福祉士センター
  • 市町村保健センター
  • 教育機関

身に付けることのできる能力

身に付けられる知識、技術及び技能

  • 対象とする人を理解するための医療的、心理的基礎知識
  • 対象者を取り巻く社会・生活についての知識
  • 福祉制度や対象者が関わる各種サービスについての知識
  • 対象者(障害者、低所得者、高齢者、児童)の生活実態および関わる制度、法律についての知識
  • 専門職としての倫理と役割および談援助の基盤となる考え方について
  • 個別、集団支援・指導における専門職としての面談、支援技能

得られる能力

  • 対象者の個人の尊厳を尊重し、ありのままを受け入れる受容力
  • 多職種との連携を目指す他者とのコミュニケーション力
  • 自己および現場での課題を把握し、行動できる問題解決力

カリキュラム

カリキュラム一覧

共通科目 専門科目 東京福祉専門学校独自の科目
  • 人体の構造と機能及び疾病
  • 心理学理論と心理的支援
  • 社会理論と社会システム
  • 現代社会と福祉
  • 地域福祉の理論と方法
  • 福祉行財政と福祉計画
  • 社会保障
  • 障害者に対する支援と障害者自立支援制度
  • 低所得者に対する支援と生活保護制度
  • 保健医療サービス
  • 権利擁護と成年後見制度
  • 精神疾患とその治療
  • 精神保健の課題と支援
  • 精神保健福祉相談援助の基盤
  • 精神保健福祉の理論と相談援助の展開
  • 精神保健福祉に関する制度とサービス
  • 精神障害者の生活支援システム
  • 精神保健福祉援助演習
  • 制損保健福祉援助実習
当校だけのオリジナル科目
現場体験プログラム
精神科病院
一般病院
障害者施設
高齢者施設
特例子会社
など

年間スケジュール

図:年間スケジュール

年間スケジュールの特徴

図:4学期制と2学期制の比較

授業終わりに小テストを行い、それに関連した国家試験の問題を次の授業で演習する、という形式を1年間繰り返し行います。

また一般的な養成校の多くが前期・後期制をとっているのに対して、東京福祉専門学校は4学期制をとっています。

「小さな積み重ね」と「こまめな振り返り」を繰り返すことで、どんなひとでも着実に知識が身についていきます。

教員紹介

安藤 宏美 先生

担当科目
精神保健福祉の理論と相談援助の展開、精神障害者の生活支援システム、精神保健福祉援助演習

人が生きていく上では、うまくいくこともいかないこともすべてかけがえのない経験です。関わる相手の方の経験を大切にするソーシャルワーカーになっていただきたいです。

経歴
大学卒業後、会社員を経て大阪府立大学社会福祉学部に編入学、卒業。精神保健福祉士資格を取得し、医療法人 髙木神経科医院に入職。外来ソーシャルワーカーとしての業務の傍ら、京都精神保健福祉士協会では地域の精神保健福祉士に向けた研修の運営等も実施。2017年より学校法人滋慶京都学園 京都医健専門学校 精神保健福祉科にて、主に精神障害者や低所得者の支援に関する科目を担当。2019年より本校勤務。

石川 真弓 先生

担当科目
相談援助の理論と方法、相談援助演習、相談援助実習指導、高齢者の支援と介護保険制度、現場体験プログラム

ふくしとは 「ふ」ふつうの 「く」くらしを 「し」しあわせにする ことだと思います。
一緒に考え、達成することで「不通」を「普通」にしていく仕事です。一緒に新しいことを創り上げていく仲間になりましょう!

経歴
東京福祉専門学校社会福祉士学科卒業後、社会福祉法人健修会特別養護老人ホーム清心苑に介護職員として入職。居宅介護サービスを担当後、入居フロアでの介護職として従事する。
その後、地域のデイサービスに転職後、平成17年、(株)スターツケアサービスのデイサービス生活相談員として従事。その後有料老人ホームに異動し施設長代理、平成21年サービス付き高齢者住宅の相談員へ異動する。
平成22年より、社会医療法人社団森山医会森山ケアセンター介護老人保健施設の主任支援相談員として従事の傍ら、東京福祉専門学校社会福祉士一般養成学科の非常勤講師を兼任していた。
平成30年より東京福祉専門学校専任教員として社会福祉士一般養成学部の担任を担当。約20年間江戸川区の高齢者分野に従事していた経験をもとに江戸川区内の資源や多職種連携の実績を授業に活かし、学生には座学を超えた実践力が培われるような授業展開を実施している。

西田 崇大 先生

担当科目
精神保健福祉援助演習、相談援助演習、実習指導

その人らしさを支えるためには、思い遣りや信念を基盤にしながらも、感性を研ぎ澄ますと共に、論理的思考能力を高めていく必要があります。素敵な対人援助職になってくれることを応援しています!

経歴
国際医療福祉大学にて、精神保健福祉士と社会福祉士を取得。卒業後は、精神科の専門性が高い国公立医療機関にて相談援助業務に携わる。また、地域で障害を抱えた方が自分らしく生活できるための支援をすべく、法人を設立すると共に、心の健康を維持増進する予防活動やスクールソーシャルワーカーとしての業務に携わる。現場を第一に考えつつも、専門性の高い相談援助職養成に携わっている。
主な経歴
・国立精神・神経センター国府台病院
・東京都立松沢病院
・国際医療福祉大学 教員
・区内スクールソーシャルワーカーetc

大澤 直樹 先生

担当科目
福祉行財政と福祉計画

時代が多様化する中で、様々な生活課題を抱えた人たちが増えてきています。社会福祉士はそのような人たちと共に、問題に対峙し解決していくことが生業の専門職です。
人が社会で生きていくうえで立ちふさがる壁をどのように超えていくべきか、一緒に授業を通して考えていきましょう。

経歴
千葉県の特別養護老人ホームにて生活相談員を経て副施設長として勤務。その後、認知症高齢者の支援を中心としたNPO法人勤務。現在同法人の理事長。
千葉県多古町において介護保険事業計画の学識経験者及び多古町地域包括支援センター運営推進協議会の学識経験者として町の福祉事業計画に参画。
千葉県社会福祉士会の研修講師、植草学園短期大学の講師として教鞭をとっている。
淑徳大学大学院にて社会福祉学修士を取得。

萩原 直美 先生

担当科目
人体の構造と機能及び疾病

医療も保健も介護も福祉も、それぞれの職種が互いの専門性を尊重し協働していくことができるチームケアは、とても素晴らしいものです!皆さんが笑顔でその経験ができるように応援します。

経歴
看護師として、一般病棟・救急および手術室・療養型病床において18年の臨床経験の中で、治療の現場の大切さを学ぶが、退院していった患者さんを生活面から支援することの必要性を痛感していたことから、平成11年に介護支援専門員となる。在宅で多くの方のケアプランを担当し、居宅介護支援事業所管理者、財団法人管理職等を経て、平成26年「つなぐサポート」を設立。個人事業として、福祉職・介護職の育成に尽力している。看護師、医療的ケア教員、主任介護支援専門員、介護支援専門員指導者。医療介護連携を自己テーマとしている。

西園寺 弘久 先生

担当科目
精神保健福祉の理論と相談援助の展開、精神保健福祉援助演習、社会福祉相談援助演習、卒業研究、受験対策

社会福祉士・精神保健福祉士とも『自分自身』を活かす仕事です。自分が経験してきたどんな事でもこの仕事に繋がります。一緒にがんばりましょう。

経歴
東京福祉専門学校医療福祉科卒業後、特定医療法人鵬友会横浜ほうゆう病院にて地域医療連携室を担当。その後、東京福祉専門学校併設の地域活動相談支援センターかさいで勤務

キャンパスライフ

校舎の周辺MAPから、在校生のリアルなプライベートまで。学生生活の様子を写真でお伝えします。

学びのサポート

学費サポート

専門実践教育訓練給付金制度

専門実践教育訓練給付制度は非正規雇用労働者(パート・アルバイト・契約社員等)である若者達がキャリアチェンジし、安定的に働くことができるよう、その職業能力を支援するために創始されました。

国は社会福祉士・精神保健福祉士及び社会介護福祉士が就職可能性の高い仕事であり、その資格がキャリアにおいて長く活かせるとして、その資格の取得をこの制度の対象にしています。

対象

通算2年以上の雇用の被保険者期間を有している方

支給金額

精神保健福祉士一般養成科の場合

48万円

学科の実績

合格実績

精神保健福祉士 合格率

全国平均62.9%

100%

  • 2018年3月卒業生実績(20人合格/20人受験)

就職実績

卒業生の就職先

求人・就職

求人件数

687

  • 専門職を活かせる職場から

求人人数

3,380

就職率

100%

  • 39名中39名

専門就職率

97.4%

  • 39名中38名
  • 学びを活かした専門職として就職できた割合

先輩の声

卒業生 在学中から福祉現場を意識して取り組むことができました!

精神保健福祉士一般養成科卒業就職先:小池病院 中里 知恵子さん

入学前は心理の勉強はしていましたが、「福祉」の勉強は初めてで正直不安が強かったです。

仕事のイメージもあまりついていなかったので、授業内で精神科病院や施設など現場を幅広く体験するプログラムがあり将来像が明確になり精神科病院の就職につなげることが出来ました。

また就職先が決まったことで国家試験の勉強にも力が入り集中して勉強が出来たので合格することが出来ました。

卒業生 大学で心理学を学んで、精神保健福祉士として活躍

精神保健福祉士一般養成科卒業就職先:豊島区民社会福祉協議会 佐藤 浩美さん

小学生の頃からカウンセラーの仕事に憧れていて、大学は臨床心理学科を選びました。人の「働く」を支援するキャリアカウンセラーの仕事に興味を持ち、人材業界の一般企業に就職しましたが、うつ病などの心の病気を抱えながらも一生懸命働く方に出会い、より専門的に勉強したいと思い、入学を決めました。

いまは社会福祉協議会の自立相談窓口で、相談支援員をしています。言葉少なく、泣きながら今の不安をお話されていた相談者の方が最終的には病気とうまく付き合いながら仕事を再開することができました。人の人生に関わる大変な仕事ではありますが、その分、毎日のようにやりがいを感じていますし、仕事が楽しいです。

東京福祉をもっと知りたい方へ授業が体験できます。気軽に相談できます。

オープンキャンパスでは、普段の授業を体験したり、入学に関する様々な相談ができます。

ご都合が合わない方には、日程と時間を選べる個別相談会を開催しています。

オープンキャンパス体験授業お申込み

現在、参加可能な体験授業を表示しています。

参加をご希望される方は、ボタンを押して必要事項を入力してください。

ページの先頭へ