本文へ移動する

奨学金関係のお知らせ

日本学生支援機構の奨学金

平成29年3月に卒業の方

平成29年10月から返還が始まります。

振替口座に残高があるか確認はできていますか?

卒業前にリレー口座手続き(自動引落し)をしています。その口座から引落しとなります。

奨学金とは

皆さんの返還したお金が、後輩の奨学金になります。

奨学金事業は、一人ひとりが「返還する」という奨学生としての責任を果たすことにより成り立っています。

先輩たちがきちんと返還したからこそ、皆さんも奨学金が借りられたのです。

制度をご理解いただき、約束どおり必ず返還してください。

延滞について

日本学生支援機構では、本人(勤務先も含む)、連帯保証人、保証人に対して、文書と同時に電話でも督促を行うことにしているようです。

また、約束の返還期日までに返還されないと、延滞金が課されるようです。

延滞すると、連帯保証人や保証人へ請求書が送付されることになります。

長期間延滞

個人信用情報機関に延滞者として登録されます。

登録されると、クレジットカードが発行されなかったり、利用が止められたりすることがあります。

そのため、各種料金(公共料金や携帯電話等)の引落し、ショッピング(インターネット含む)やキャッシング等ができなくなる場合があります。

また、自動車ローン及び住宅ローン等の各種ローンが組めなくなる場合があります。

返還が困難になってしまった場合

願い出により返還期限を猶予してくれることがあるようです。

また、願い出により返済条件を変更したり、個人信用情報機関へ延滞者として登録がされなかったりすることがあるようです。

早めに日本学生支援機構へ相談してください。

詳しくは、機構の返済期限猶予のページをご覧ください。

返還に関する疑問や相談

返還に関する疑問や相談については、学生支援機構の「奨学金返還相談センター」に直接お問い合わせください。

※転居・氏名の変更、返還期限猶予手続きの必要などがあった場合は、そのままにせず必ず連絡してください。

奨学金返還相談センター

全国共通(ナビダイヤル)

電話:0570-03-7240

月曜~金曜(土日祝日・年末年始除く) 8時30分~20時00分

困ったこと、悩んでいることなどありましたら、遠慮なくご連絡ください。

奨学金の返還にあたって

返還残額照会

日本学生支援機構のHPに「スカラネット・パーソナル」のページが追加されました。奨学生番号や登録している銀行口座を入力すると、個人の返還残額などが見られるようになりました。ぜひご活用ください。

ページの先頭へ