本文へ移動する

コラム

保育士を目指す方ためのお金のハナシ(学費)

保育士になるにはどれくらい学費がかかるの?

「保育士になりたいけれど、学校に行くには、どれくらい学費がかかるの?」

保育士の学校への進学を考える方なら一度はぶつかる疑問ですよね。

4年制大学・短大・専門学校、それぞれの学費の違いをまとめてみました。

大学

4年間で約400万円くらいかかります。

保育士以外に取得する資格によって金額は異なりますが平均するとこのくらいです。

短期大学

2年間で約250万円くらいかかります。

海外研修旅行などを必修としている学校も多く、これ以上にかかる場合もあります。

専門学校

2年間で約200万円くらいかかります。

保育士になると決めている人には学費を抑えて確実に保育士になることができます。

学校によっては、諸費用や教科書代などで別途費用が必要になる学校もあるので注意が必要です。

保育士になりたいけれど、学費が高くて…

そんな方には、保育士になりたい方だけが利用できるオススメの奨学金・給付金があります。

現在、保育士の資格取得を支援する様々な事業が実施されています。中でも、資格取得のためにかかった費用に関する支援策は注目の集まるところ。

「保育士確保プラン」において今後も引き続き実施される、保育士資格取得の費用に関する支援事業をまとめました。

保育士修学資金貸付制度

卒業後、保育士登録をし、貸付けを受けた都道府県に継続して就業すれば貸付額の返済が免除になります。

都道府県によって異なりますが、最大160万円が貸付されます。

保育士試験による資格取得支援事業(試験合格で資格を取得した人向け)

保育士試験に合格し、保育所等に保育士としての勤務が内定した者に対し、保育士試験受験のための学習に要した経費の1/2を補助する制度です。

都道府県による奨学金返済補助

奨学金を利用して対象となる地域に就職した保育士の方が、その返済にかかる費用の一部を補助します。

企業による奨学金返済補助

保育園を運営する企業が、保育士として就職する方に対して、奨学金の返済にかかる費用の一部を補助します。

カテゴリー
タグ

この記事を書いた人

菊地 慶 先生

学生サービスセンターにて、学費・奨学金手続きの担当を行い、多くの学費相談対応を行う。その後、こども保育科夜間主コースに異動。学費や学校生活、就職など、幅広い相談に対しサポートを行い、現在、夜間主コース,保育士受験対策科の学科責任者を務める。
座右の銘
「やらない後悔」より「やった後悔」

記事をシェアする

ページの先頭へ