オープンキャンパス

資料請求

コラム

子どもと関わる作業療法士のお仕事とは?

みなさんは、「子どもと関わる作業療法士」がどんな仕事をしているか知っていますか?

実際にそうした現場で働く作業療法士の中には、とにかく子どもが大好きという方や、人に対して精神的ケア、心理的ケアをしたいという気持ちがある方が多くいます。
筆者が作業療法士として子どもと関わる現場を希望した当時は就職先が少なく、療育センターの育休代替職員という、1年だけの仕事に就きました。そのあとは発達支援センターを経て、就学前の子どもたちと関わっていく中で、就学後の生活も見てみたいと思い、そこからフリーランスで作業療法士をすることに決め、その辺りからは運と縁に恵まれ、特別支援学校をベースに様々な区の発達支援センターで働いたり、色々な仕事をさせていただきました。
今回は、そんな「子どもと関わる作業療法士」の仕事についてご紹介します。

子どもの作業療法とは?

一般的に作業療法士は、病院や施設にいて、ケガをしたり病気になってしまった大人の方たちへ精神面をケアしながらリハビリをしていきます。
それに対し、子どもの作業療法とは、発達の遅れや偏りのあるお子さん(遺伝的な疾患、発達障害、病気の後遺症など)に対して、遊びを中心にしたいろいろな作業活動を通して個々のお子さんの発達課題や、現在・将来の生活を考慮した治療を行います。
さらに、障害があっても家庭や学校、社会で生活できるように支援します。

おもちゃを使ったり遊具のようなものを使ったりするので、たまに「子どもと遊んでるだけみたい。家でやっていることと同じなのでは?」と思われることもありますが、その通り!子どもと遊んでいるのです!だって、子どもは遊ぶことが仕事。「辛いリハビリをやりなさい」といっても、子どもは本当にマイペースで正直者。嫌なこと、辛いことは絶対にやってくれません。
そのため、おもちゃを使ったり、子どもが好きなことをやりながら、またはうまくこちらの遊びに誘いながら、そのお子さんに必要な動作や手の使い方、やりとりにつなげています。今日はどんな手を使って子どもの心を掴もうか、という駆け引きもまた、とても面白いところですよ。

さらに、対象が大人の作業療法と大きく違うことは、『作業療法中に保護者の方が一緒にいる』ということです。自分の命よりも大切なお子さんが、「発達が遅れている」「病気や疾患がある」ということは、どれほど心配で不安に感じるでしょうか。
お子さんを診ることはもちろんですが、保護者の方への対応や会話も非常に大切にしたいところです。
また、お子様の今の状態と、どのようになればお子さんと保護者の方が生活しやすいか、ということを一緒に確認し、認識します。

子どもと関わる作業療法士の働き方

働く場所、働き方は多岐にわたります。ほんの一例ですが、いくつか紹介したいと思います。

  • 児童発達支援センター

いわゆる「発達障害」や、特性のあるお子さんに対し、おもちゃや遊具のようなものを使いながら発達を促したり、日常生活に必要な能力や社会性を身に付けていきます。

  • 医療療育施設

総合的な医療施設での作業療法。重症心身障がい児など、重い障害のお子さんもいらっしゃいます。身体に障害のあるお子さんが多いです。

  • 特別支援学校

肢体不自由の小中高生に対して、個々の発達課題を考えて、教師と一緒に指導したり、教師に専門的知識と技術を伝えます。

  • 保育園・幼稚園の巡回

保育者が気になるお子さんが園で遊ぶ様子やお食事の場面を見させてもらい、保育者にお子さんの特性や課題、対応方法などを伝えます。

  • 教材開発アドバイザー

発達が気になるお子様が通う学習教室を運営している会社で使用する教材を開発したり、改善のアドバイスをします。

  • メールでの発達相談

診断の有無にかかわらず、日々の子育ての悩みやお子様とどのように関わっていったらよいか、どのようなことをしたらスムーズに身の回りのことや細かい動作ができるようになるかなどといったあらゆる相談に専門家の目から答えます。

  • 勉強会や講演会など

その他、保育士さんや学校の先生、発達支援をしている企業向けに発達障害や発達支援についての勉強会や講演会、セミナーなどを行います。

小児分野の作業療法士の今後

いかがでしたか?発達障害の作業療法士、少しはイメージがついたでしょうか。
いろいろなところで働けて、とても楽しそうだと思いませんか?

筆者は作業療法士になってもうすぐ14年になりますが、本当にたくさんのお子さんとその保護者の方に出会ってきました。どの出会いもその一つ一つが私の宝物であり、人生の財産となっています。
今は結婚をし、2児の母ですが、週に1回1時間だけ保育園の訪問をしているのと、子ども達が夜寝た後に、発達のメール相談を毎日自宅で実施しています。子どもを産んでもなおすぐに働けるなんて、こんなにありがたいことはないし、社会から必要とされていると感じ、とても幸せです。

小児分野の作業療法士には色々な仕事があり、色々なところから求めていただけるからこそ、このような働き方ができるのだなと思って、この仕事に就いて良かったなという思いと、本当にやりがいがある仕事だなという思いを毎日感じています。
世の中には、障害や病気の名前はつかないけれど、「不器用」「運動が苦手」「おもちゃでうまく遊べない」「体力がない」などというお子さんはたくさんいます。
今は、少子化とは言われていますが、昔と比べて色々な習い事があるように、子どもに対する見方、関わり方もさらに多種多様になってきて、私たち作業療法士もさらに求められるようになってくるのではないかと感じ、ワクワクしています。

 

子どものリハビリが体験できる!オープンキャンパスはこちらから

関連学科

作業療法士科【昼間部3年制】
対象:高校卒業以上の方

現場に直結した「体験型」の学びで、“今”求められる作業療法士になれる!

詳細はこちら

作業療法士科【夜間部3年制】
対象:高校卒業以上の方

最短で、自分らしい作業療法士になれる!

詳細はこちら

コラム:カテゴリー

作業療法士

コラム:タグ

こどもリバビリ作業療法作業療法士子育て

この記事をシェアする

カテゴリー