オープンキャンパス

アクセス

楽しみながらできるように

一人ひとりの特性に合わせたリハビリを

  • リハ女子オープンキャンパス
  • 作業療法士
    合格率

    82.7%

    (全国平均 71.3%)

普段の授業風景は
こちらをチェック!

学びのPOINT

学生の「もっと知りたい」をサポート
楽しく安心して作業療法士を目指せる

データで紐解く作業療法士科

学びのポイントを数字で説明いたします。

POINT
1
担任が作業療法士
だからできるサポート

担任が作業療法士だからできるサポート
  • 作業療法士である担任の学習サポート

    現場や卒業生などが、学生の「もっと知りたい」を叶えられるよう身近な学びの環境を整えています。加えて作業療法士である担任がその環境をトータルコーディネート。現場経験があり、自分をよく知る担任の先生が近くにいるので、楽しく安心して作業療法士を目指すことができます。

  • 作業療法士である担任による学び
担任と連携して就職も充実!

卒業生1191人の実績があるからこそ、2000件を超える求人があります!

  • サポート01
    一人ひとりに合わせた就職活動

    担任加えて、キャリアコンサルトを有するキャリアセンター職員が、希望の就職先合格に向けて、徹底的にサポート!就職に関する相談や求人票の紹介・履歴書の添削・面接の練習、合同就職説明会の実施します。

    サポート02
    卒業後も安心の試験・就職支援

    卒業後も、国家試験合格するまで、国家試験対策に参加することが出来ます。さらに、転職などの相談にも対応!その時の自分に合った就職先を選べます

  • 卒業後も安心の試験・就職支援

POINT
2
今と未来の作業療法士について学べる
現場が身近にある

今と未来の作業療法士について学べる現場が身近にある

作業療法士が働く現場を体験するからこそ、理解が深まる!

現場実習の数は100時間以上!学内附属施設を中心とした施設で行う「現場体験」で、対象者を支える作業療法士の働き方を見学したり、こどもから高齢者への関わり方を学んでいきます。一人ひとり充実した実習体験ができることで、授業の理解や将来の作業療法士について学ぶことができます。

  • 身近にある付属施設で現場体験

    提携している医療機関に加えて、学校付属の保育園や高齢者施設、障害者施設の4つの分野を見学・体験します。各対象者(障害者・高齢者・障害児)との関わり方や作業療法士としての働き方を学びます。

    • 医療機関
      医療機関
    • 高齢者施設
      高齢者施設
    • 児童施設
      児童施設
    • 障害者施設
      障害者施設
  • オンラインシステムで最新の現場を体験

    遠隔地にある先進的な作業療法現場をオンラインシステムでつないで学んでいきます。現場で活用されている最新の機器や関わり方を、教室にいながら理解を深めることができます。

    教室と先進的な作業療法現場をつなぐ

    オンラインシステム

POINT
3
身近な学びを叶える!
「WEB学習システム」

身近な学びを叶える!「WEB学習システム」
  • 授業3日前に資料がアップ!予習できる!

    Myページにアクセスしていつでも復習!

    WEB学習システム
  • 空き時間にいつでも学習できる!

    WEB学習システムを活用し、授業資料がいつでもどこでも確認できるので、授業の予習復習がしやすく、知識の定着率が高まります。また、学内はフリーWi-Fi環境が整っており、動画や画像を活用しながら授業を進めるので、難しい科目も理解しやすく学ぶことができます。

国家試験合格へ導く、効率的な独自カリキュラム!
  • コツコツ学べる勉強法

    コマシラバス・小テストと言った独自の教育システムがあり、1回の授業の中で「予習」そして「復習」を行います。授業ごとに分からなかった所を早期に明確にでき、勉強するべき所が分かります。最終的には、1つ1つの授業が国家試験の対策になります。

  • コマシラバス・小テスト
  • スケールメリットを活かした分析

    年間およそ10回実施する模擬試験には、作業療法士を目指す姉妹校7校含む約400名程度の学生が受験します。クラス単位40名ではなく、スケールメリットを活かして、一人ひとりの状況にあった精度の高いフィードバックをすることが出来ます。

  • スケールメリットを活かしたフィードバック

POINT
4
学費負担が軽減できる
3年制課程

学費負担が軽減できる3年制課程
  • 4年制に比べ、1年分の学費削減&1年間早く収入獲得!

    短期間で必要とされる知識や技術を確実に手に入れながら、1年分の学費を抑えることができ、さらに1年早く医療業界で活躍することが可能です。学費は3年間で必要な分、ほとんど全て含まれているから安心です。(教科書・教材費、ユニフォーム代、実習宿泊費、海外研修のための積立金含む。)
    また、学費分納プランなどで在学中の学費負担を抑えることもできます。

    学費サポートの詳細はこちら

  • 4年間で必要な金額比較
授業の魅力

授業の魅力

  • 人気の授業
  • 人気の授業

  • 先端作業療法演習

    先端作業療法演習

    今後発展が予想される先端の作業療法について学び、一人ひとりの目指す作業療法士像を考えます。直接的に現場体験で学んだ技術・知識に加え、ICTを活用し、教室にいながら現場の作業療法を学ぶことで、効率的に対象者との関わり方を学びます。

  • 基礎作業学

    基礎作業学

    作業療法の治療手段である作業活動を学びます。食・美容・音楽・美術・動物・スポーツ活動を通して、基礎的な技術や知識を修得します。

  • 時間割
  • 時間割

1年次
1限
9:10~10:40
ホームルーム 解剖生理学Ⅲ 心理学 解剖生理学Ⅰ 医学総論
2限
10:50~12:20
先端作業療法演習 人間関係論 作業療法概論
3限
13:10~14:40
文章表現 - 人間発達学 - 基礎医学特論
4限
14:50~16:20
- - - - -
  • 一例になります。年度や学年によって時間割は変わります。
  • 目指す資格

    • 作業療法士
    • JESC認定コミュニケーションスキルアップ検定
  • 目指す職業

    • 作業療法士
  • カリキュラム
  • カリキュラム

学年目標 現場実習
1年次 学校付属の施設であるなごみの家・特別養護老人ホーム・相談所・保育園を中心とした現場体験やICTを活用した現場体験と、基礎医学を中心とした学びで、体の仕組みや生活について考える。 解剖実習(1日)・見学実習(10日)
2年次 作業療法専門科目を通じ、作業療法を必要とする人に対し、一人ひとりの身体の状態に合わせた支援を考える。 解剖実習(1日)・測定実習(3週間)・臨床実習Ⅰ(6週間)
3年次 臨床実習を通じ、障害や年齢に合わせて治療の目標を設定し、作業療法プログラムを実践。また、国家試験対策で3年間の学びを復習し、合格する力を身につける。 臨床実習ⅡⅢ(各8週間)・地域実習(1週間)

履修する科目

  • 2021年4月入学生より作業療法士の指定科目等が変更される予定のため、現時点での予定です。
  • 1年次
    • 心理学
    • 文章表現
    • 情報処理
    • 人間関係論
    • 医学総論
    • 国際教育学
    • 基礎医学特論Ⅰ
    • 人間発達学
    • 解剖生理学Ⅰ
    • 解剖生理学Ⅱ
    • 解剖生理学Ⅲ
    • 解剖生理学Ⅳ
    • 運動学
    • 運動学演習
    • 内科学
    • 精神医学
    • リハビリテーション医学
    • リハビリテーション概論
    • 作業療法概論
    • 基礎作業学
    • 作業学実習
    • 地域作業療法学
    • 地域作業療法実習
    • 先端作業療法演習 他
  • 2年次
    • 小児科学
    • 整形外科学
    • 神経内科
    • 一般臨床医学
    • 臨床心理学
    • チーム医療論
    • 社会福祉論
    • 職場関連技術論
    • 作業療法管理学
    • 作業療法評価学Ⅰ
    • 作業療法評価学Ⅱ
    • 作業療法評価学Ⅲ
    • 身体障害治療学
    • 老年期治療学
    • 精神障害治療学
    • 発達障害治療学
    • 義肢装具学
    • 日常生活活動学
    • 高次脳機能障害治療学
    • 測定実習
    • 臨床実習Ⅰ
    • 基礎医学特論Ⅱ 他
  • 3年次
    • 地域実習
    • 臨床実習Ⅱ
    • 臨床実習Ⅲ
    • 作業療法総合学習Ⅰ
    • 作業療法総合学習Ⅱ
    • 基礎医学特論Ⅲ 他

年間スケジュール

  • 教員紹介
  • 教員紹介

  • 徳備先生
  • 徳備 夏子 先生

    《主な担当科目》

    作業療法概論

作業療法士と介護福祉士のWライセンス

作業療法士として、対象となる方の思いに共感できることがとても大切だと思います。対象者の笑顔を取り戻すために一生懸命になれる作業療法士を一緒に目指しましょう!

  • 大塚先生
  • 大塚 真史 先生

    《主な担当科目》

    先端作業療法演習

国際活動も経験する卒業生作業療法士

私も数年前に東京福祉専門学校で作業療法を学んだ卒業生です。その人なりの生活を考えて支援をする作業療法士を一緒に目指していきましょう!

  • 栁澤先生
  • 栁澤 博 先生

    《主な担当科目》

    運動学演習

身体障害分野のプロフェッショナル

作業療法士は、リハビリの専門職で、医療や福祉・介護の現場はもちろん保健・教育・職業領域など社会のあらゆる場所で活躍しています。ぜひ自ら考え、実行できる作業療法士を目指してほしいと思います。

  • 小泉先生
  • 小泉 雄一 先生

    《主な担当科目》

    精神障害治療学

リハビリの4領域すべてを網羅するオールマイティ作業療法士

作業療法士は対象者のことを思い、どのような「作業」がその対象者に適しているかを考えることが仕事です。これほどまでに真剣に「人」のことを考えている職業はなかなかないと思いますし、とてもやりがいのある仕事です。「人」の「作業」を考えてくれる作業療法士をもっとたくさん増やしていきたいと思っていますので、一緒に頑張っていきましょう!

学科の実績

学科の実績

  • 就職率

    開講23年目の実績と卒業生たちの現場での信頼により、
    多くの求人が集まります。

    100%

    2018年度卒業生最終実績(就職者31名/就職希望者31名)

  • 作業療法士 合格率

    全国平均 71.3%

    82.7%

活躍の場所/就職先種別

    • 病院
    • 障害者施設
    • 児童福祉施設
    • 介護老人保健施設
    • デイケアセンター
    • 訪問リハビリ
    • 保健所
    • 地域包括支援センター
    • 就労支援事業施設
    • 特別支援学校 など
  • 就職先種別

    2018年度卒業生実績

先輩の声

先輩の声

  • ふきだし
  • 在校生心も体も元気にできる作業療法士を目指したい
  • Iさん

    八戸学院光星高等学校出身(青森県)
    I さん

  • 作業療法士を目指したきっかけは?

    高校の時に実習で高齢者施設に行きました。そこで作業療法士の方に出会い、リハビリを通して患者さんがだんだん笑顔になっていく様子を見て憧れたことがきっかけです。専門知識を持って、心も体も元気にできる仕事って素敵だなと思いました。

    東京福祉専門学校に進学を決めた理由は?

    東京の学校に進学したいと思っていたので、何校か東京の学校のオープンキャンパスに参加しました。その中で設備が整っていて、現場経験が豊富な先生がたくさんいるので、より専門的に学べそうと思ったのが決め手です。

    学校生活で楽しい時間は?

    授業が終わった後も教室でおしゃべりしたり、休みの予定を合わせて遊びに行くスケジュールを立てたり、そんな時間が楽しいです。

    日々の学びの中で、大切だと思ったことは?

    現場体験の授業で高齢者施設へ行き、卒業生がリハビリを行っている様子を見学しました。歩行訓練をしている方の足の動きをじっくり観察している様子を見て、解剖学や運動学などの基礎がこんな風に実際のリハビリにつながっていくのだと感じました。

    Campus memory

    • Campus memory
    • スポーツフェスティバル

      クラス委員としてがんばりました!クラスみんなで話し合ったり、練習したり。よい思い出です!

東京福祉をもっと知りたい方へ

授業が体験できます。
気軽に相談できます。

オープンキャンパスでは、普段の授業を体験したり、入学に関する様々な相談ができます。
ご都合が合わない方には、日程と時間を選べる個別相談会を開催しています。

オープンキャンパス体験授業
お申込み

オープンキャンパスはこちら

ページの
先頭へ