「時間がない」そんな方でも
通信教育で国家資格を取得!

社会福祉士通信課程

  • 1年9ヶ月制

    社会福祉士一般養成通信課程

  • 9ヶ月制

    社会福祉士短期養成通信課程

通信課程

9ヶ月~

対象実務経験者、大学卒業の方

こんなあなたにピッタリの学科です

「国家試験に合格するためには

まとまった時間が必要」

そう思っていませんか?

  • 時間や資格を有効活用して
    国家試験対策ができます

    仕事の合間のちょっとした時間でも国家試験対策ができます。

    また、福祉系大学を卒業している人や福祉系の資格を持っている方は科目の免除も可能です。

  • 受講生の多くも
    「忙しい人」

    通信課程在籍者のうち、98%が仕事をしながら学んでいます。 修了率が97.4%と高いのも特徴です。

    あなたと同じ環境でも、学んでいけることを多くの先輩が証明しています。

学びのPOINT

時間を有効活用しながら
国家資格を取得!

  • POINT
    1

  • 忙しい人でも
    効率的に勉強できる

  • 「ちょっとの間」が勉強時間に。
    スクーリングも都合に合わせて選択

    独自のeラーニングシステムで、スマホを活用して社会福祉士国家試験の過去問題に、いつでもどこでもチャレンジすることができます。忙しいあなたでも試験の合格を目指せます。

  • POINT
    2

  • オリジナルの受験対策で
    苦手分野を克服

  • 知識の定着度を知ることが
    効率的な試験対策に

    東京福祉独自の受験対策を活用して効率的に実力をつけられます。

    例えばスクーリング後には国家試験の頻出ポイントを絞った「ポイント講座」を開講しています。

  • カリキュラム

学科の実績

  • 合格実績

  • 一般養成科通信課程 合格率

    全国平均 26,2%

    60%

    • 2016年3月卒業生実績(100人受験/60人合格)
  • 短期養成通信課程 合格率

    全国平均 26,2%

    54%

    • 2016年3月卒業生実績(50人受験/27人合格)

入学のご案内

  • 募集要項

  • 社会福祉士短期養成通信課程
    定員 120名
    募集地域 東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県
    (上記の都県に在住されている方で、スクーリング時に本校へ通学可能な方)
    就業期間 9ヶ月(4月入学)
    受験資格 以下のいずれかに該当する方
    1. 大学、4年制専門学校で基礎科目を修めて卒業または卒業見込みの方
    2. 3年制短大、3年制専門学校(夜間、通信を除く)で基礎科目を修めて卒業し、相談援助業務の実務経験が入学時までに1年以上になる方
    3. 2年制短大、2年制専門学校(夜間、通信を除く)で基礎科目を修めて卒業し、相談援助業務の実務経験が入学時までに2年以上になる方
    4. 厚生労働大臣が指定する社会福祉主事養成機関の課程を修了し、相談援助の実務経験が入学時までに2年以上になる方
    5. 児童相談所の児童福祉司、福祉事務所の身体障害者福祉司/知的障害者福祉司/老人福祉指導主事の相談援助の実務経験が入学時までに4年以上になる方
  • 社会福祉士一般養成通信課程
    定員 120名
    募集地域 東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県
    (上記の都県に在住されている方で、スクーリング時に本校へ通学可能な方)
    就業期間 1年9ヶ月(4月入学)
    受験資格 以下のいずれかに該当する方
    1. 大学、4年制専門学校を卒業または卒業見込みの方(学部、学科は問いません)
    2. 3年制短大、3年制専門学校(夜間、通信を除く)を卒業し、相談援助業務の実務経験が入学時までに1年以上になる方
    3. 短大、2年制以上の専門学校を卒業し、相談援助業務の実務経験が入学時までに2年以上になる方
    4. 相談援助業務の実務経験が入学時までに4年以上になる方

基礎科目について ※短期養成課程のみ

1.平成20年度以前に大学、短大、専門学校に入学した方で旧基礎科目が適用される方

基礎科目とは、下記の科目であり、1~6をすべて修めている場合は入学要件に該当します。

  1. 社会福祉言論
  2. 老人福祉論
  3. 障害者福祉論
  4. 児童福祉論
  5. 地域福祉論、社会保障論、公的扶助論のうち1科目
  6. 法学、心理学、社会学のうち1科目

2.平成21年度以降に大学、短大、専門学校に入学された方

基礎科目とは、下記の科目であり、1~12をすべて修めている場合には入学要件に該当します。

  1. 人体の構造と機能及び疾病、心理学理論と心理的支援、社会理論と社会システムのうち1科目
  2. 社会調査の基礎
  3. 相談援助の基盤と専門職
  4. 福祉行財政と福祉計画
  5. 福祉サービスの組織と経営
  6. 社会保障
  7. 高齢者に対する支援と介護保険制度
  8. 障害者に対する支援と障害者自立支援制度
  9. 児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度
  10. 低所得者に対する支援と生活保護制度
  11. 保健医療サービス
  12. 就労支援サービス、権利擁護と成年後見制度、更生保護制度のうち1科目

続きをみる

  • 学費について

  • 社会福祉士一般養成通信課程
    選考料 ¥5,000
    入学金 ¥20,000
    授業料 ¥265,000
    諸費用 ¥21,000
    ¥311,000
    実習費 ※ ¥100,000
    • 実務経験が1年以上ある方は、実習が免除になり実習費は不要です
    • スマートフォン・パソコンでの受験対策は別途必要です(費用10,000円)
  • 社会福祉士短期養成通信課程
    選考料 ¥5,000
    入学金 ¥20,000
    授業料 ¥170,000
    諸費用 ¥12,000
    ¥207,000
    実習費 ※ ¥100,000
    • 実務経験が1年以上ある方は、実習が免除になり実習費は不要です
    • スマートフォン・パソコンでの受験対策は別途必要です(費用10,000円)

先輩の声

    • 在校生さらなるキャリアアップを目指して!
    • 社会福祉士通信課程
      風間 ゆり子さん

      本校では悩みなどを率直に相談できる似たような境遇の学生も多く、スクーリングの後はいつもレポートの提出やペースなどを共有しています。スクーリングでは、実際の現場で活躍している講師の声を聞けることがとても有意義です。現在福祉関係で働き更なるキャリアアップとして社会福祉士取得を目指しています。これから仕事と両立し、仲間と社会福祉士取得に向けてがんばります。

    • 在校生通信でも万全なサポート体制!
    • 社会福祉士通信課程
      山田 英輔さん

      勉強しやすい環境の中で多くの教員や幅広い年齢層の友達と出会いで物事の考え方や人生観までもが変わりました。現在は夕方まで福祉関係の職場で働き、それ以外の時聞を勉強に充てています。東京福祉で学ぶことを決めたのは、福祉全体の知識が学べること他校に比べて単位修得率や卒業率が高く、短期間で目標達成できそうなことが魅力的だったからです。

受講を検討している方へ

受講前のお悩みは
説明会で解決できます!

入学の要件や実習やスクーリング等のスケジュール、国家試験受験についてまで丁寧にご説明します。
また、説明会後にはマンツーマンで相談も受けられるので、学費や入試についてなど、一人ひとりの知りたいことも分かります。

ページの
先頭へ