介護福祉士等
修学資金貸付制度

修学資金貸付制度とは

福祉・介護の仕事に携わる人材の確保は、国が重点的に取り組んでいる施策の1つ。

修学資金貸付制度は、これから福祉・介護の世界を目指そうという方に都道府県が学費を貸し付け、学費の面からサポートすることを目的に作られた制度です。条件を満たすことで貸付金の返済が免除になる場合があります。

貸付限度額

入学準備金

20万円

※初回のみ

月額

5万円

就職準備金

20万円

※最終回のみ

  • 申込み時に審査があります。
  • 都道府県により対象にならない場合があります。
  • 半年ごとの支給になります。

返済方法

原則として卒業後、都道府県が設定する期間内に、都道府県が設定する金額を返済(無利子)

返済免除について

貸付を受けた者が次に該当する場合は、貸付金の返済が免除されます。

  1. 卒業の日から1年以内に
  2. 貸与を受けた都道府県の指定施設において
  3. 受験資格の対象となる介護または相談援助の業務に
  4. 以後5年間従事した場合。

修学資金制度利用の際の自己負担金

介護福祉士科
(2年制)
社会福祉士一般養成科
(1年制)
卒業までの
納入金額の目安
約220万円 約150万円
修学資金 160万円 100万円
自己負担金 60万円 50万円

対象学科一覧

社会福祉士一般養成科 介護福祉士科 社会福祉士一般養成通信課程 社会福祉士短期養成通信課程

ページの
先頭へ