コラム

相談に乗る仕事 = 心理カウンセラーだけじゃない! ~ソーシャルワーカーとして働くという選択肢~

「悩みを抱えている人や困っている人の力になりたい!」という動機から、心理カウンセラーの仕事を目指す人も多いと思います。一方で、国家資格「公認心理師」を取得するには、これから心理を学び始める人は医師や薬剤師と同じく最短でも6年が必要です。特に大学生や社会人のみなさんには、この学びの期間は大きなハードルです。

 

そこでオススメなのが、ソーシャルワークを担う社会福祉士、精神保健福祉士の国家資格取得です。

 

Q1.ソーシャルワーカーって?心理カウンセラーの違いとは?

A1.専門職としてそれぞれが抱えている困りごとの解決を目指すという点では、心理カウンセラーもソーシャルワーカーも同じです。異なるのはそのアプローチ方法です。心理カウンセラーは、本人やその周囲の人の「こころ」を中心に支援します。一方で社会福祉士や精神保健福祉士などのソーシャルワーカーは、よりその人の背景にある「生活」をふまえ、さまざまな制度やサービス、資源を活用して解決を目指します。

 

例えば学校現場では、児童生徒の心のケアをする「スクールカウンセラー」とともに、子どもの悩みの背景に隠れがちな家庭の貧困や親子関係、いじめや発達の課題などに対し、外部機関との連携を含め、効果的かつスピーディーな対応を担う「スクールソーシャルワーカー」の配置が進んでいます。

 

困りごとを把握するための相談窓口を担うとともに、解決のためのさまざまな専門職のチームの中心を担うのが、ソーシャルワーカーです。

 

Q2.ソーシャルワーカーに必要な資質とは?

 

A2.相手の思いや考えに共感し、受容的な姿勢で関わることは、心理カウンセラーにもソーシャルワーカーにも共通する資質です。その上でソーシャルワーカーには、解決のためにさまざまな方との連携を構築する力、エビデンスをもとによりよい解決法を計画する力、そしてその上で問題解決を推進していく力などが必要です。

 

これらの技術は、資格を取得するために必要な指定科目の学びを通して身につけていきます。ただ、社会全体を多角的な視点でとらえる点では社会学部や経済学部出身の方、法律や制度に基づいて支援を考えていく点では法学部系出身の方、問題解決サイクルを回していく点では理系分野全般の方など、それぞれがこれまで学んできたことを活かせる技術もたくさんあります。

 

Q3.ソーシャルワーカーを目指すにはどうしたらいいの?

 

A3.社会福祉士、精神保健福祉士を取得するためには、まずはそれぞれの受験に必要な指定科目を履修し、受験資格を得る必要があります。高校卒業の方は通算4年間の学びもしくは相談援助の実務経験が必要です。一方で最終学歴が大学卒業の方は、大学の学部に関わらず1年間で指定科目を履修し、国家試験受験資格が得られる一般養成課程の入学がオススメです。

東京福祉専門学校は、さまざまな方がソーシャルワーカー(社会福祉士・精神保健福祉士)を目指す学科が5つあります。それぞれの個別の状況やキャリアに応じて適切な学科を紹介できますので、ぜひ個別相談やオープンキャンパスにお越しください。

 

学科紹介はこちら

オープンキャンパス個別相談はこちら

 

関連学科

社会福祉科【昼間部4年制】
対象:高校卒業以上の方

ダブル国家資格×問題解決力×実践力で未来志向のソーシャルワーカーを目指す!

詳細はこちら

社会福祉士一般養成科【昼間部1年制】
対象:4年制大学卒業・卒業見込み

多様なフィールドでの現場体験プログラムで、1年間で即戦力になる社会福祉士を目指す。

詳細はこちら

精神保健福祉士一般養成科【昼間部1年制】
対象:4年制大学卒業・卒業見込み

実践力を兼ね備えた精神保健福祉士を目指します。

詳細はこちら

社会福祉士通信課程【通信課程9ヶ月~】
対象:実務経験者、大学卒業の方

「時間がない」そんな方でも通信教育で国家資格を取得!

詳細はこちら

心理カウンセラー科【昼間部4年制】
対象:高校卒業以上の方

心理と福祉を両方を学び公認心理師を目指す!

詳細はこちら

コラム:カテゴリー

公認心理師心理カウンセラー社会福祉士精神保健福祉士

この記事をシェアする

カテゴリー

ページの
先頭へ