オープンキャンパス

資料請求

国家資格取得サポート

効率的な勉強方法が、確実な合格へつながる!

  • 実習や行事を行いながら、また働きながら学ぶなかでも、国家試験合格を目指せる!

    国家試験取得サポートでは、各国家試験の傾向と対策を抑えた学習方法を提供。あなたを合格へ導きます。

サポートがあるから高い合格率

※2020年3月卒業生実績

社会福祉士

  • 社会福祉科
    (4年制 昼間部)

    83.8%

  • 社会福祉士一般養成科
    (1年制 昼間部)

    90.9%

全国平均 29.3%
  • 精神保健福祉士

    社会福祉科
    (4年制 昼間部)

    96.9%

    全国平均 64.2%
  • 作業療法士

    作業療法士科
    (3年制 夜間部)

    88.9%

    全国平均 87.3%
  • 介護福祉士

    介護福祉士科
    (2年制 昼間部)

    90.9%

    全国平均 69.9%

卒業生の合格体験記

卒業者全員受験で、いずれの学科も全国平均を大きく上回る結果を出せました!
今回はすでに現場で社会福祉士、精神保健福祉士として活躍中の卒業生たちからのメッセージをお送りします。

  • Yさん

  • 社会福祉士・精神保健福祉士科
    2019年度卒業

    肩に力を入れ過ぎず、「自分らしく」歩み続けてください

卒業後、入学前は何をしていましたか?

サッカー部、サッカースクールのコーチ、飲食店でアルバイト

国家試験合格の一番の秘訣はなんだと思いますか?

遊ぶ時はしっかり遊ぶ。「絶対合格してやる」という強い気持ちを抱き続けること。

1日の勉強時間はどれくらいでしたか?

11月頃までは授業+過去問を少し解く程度。そこから受験日まではエンジン全開で毎日10時間程度。

オススメの勉強方法を教えてください。

レビューブックをひたすら熟読→過去問or模擬問題を解く→解説を見て覚える→国試ナビを見て整理

辛かった時期やスランプをどう乗り越えましたか?

クラスメイト同士、声を掛けて助け合いました。

モチベーションを維持、高める方法は?

仲の良い友達と声を掛け合うこと。自分のペースで勉強に取り組むこと。

学校生活を振り返り、一番印象に残っていることは何ですか?

授業終わりに友人とごはんを食べたり、キャンプに行ったこと。

合格者DATA

合格率比較

厚生労働省 第32回社会福祉士国家試験・第22回精神保健福祉士国家試験合格発表より
(福祉系大学等ルート、新卒、受験者10人以上対象)

合格者の年齢

1日の勉強時間

オススメの勉強方法

合格率の高い理由

POINT1
毎回の授業で小テストを実施 その日の内容が理解できたか確認できる

  • 国家試験合格には日々の授業がきちんと理解できているかが重要です。そのため毎回授業の最後に「小テスト」を実施し、その日の内容が理解できたか確認します。わからなかった問題は後回しにせず、その日のうちに解決するのです。
    そうした日々の授業の積み重ねが合格につながります。

POINT2
効率よく学習できる タブレット端末・スマホを用いた受験対策

  • ICTを活用し、タブレット端末やスマホを用いて効率よく学習できる環境を整えています。
    クラウドに保存した授業資料や国家試験対策のWEB学習システムに簡単にアクセスできるので、ちょっとした空き時間に確認したり、通学時間を活用したりと、時間や場所を選ばず勉強することができます

POINT3
模擬試験を繰り返し実施&担任による個別フォロー

  • 全国模試と滋慶学園オリジナル模試を繰り返し行い、自分のレベルを把握するとともに、出題傾向を把握します。
    模擬試験の後には担任が合格するための勉強方法から具体的な勉強計画まで個別にじっくり相談にのります。

傾向をおさえた効率的な対策で着実に力がつくから、
自信を持って試験に臨める!

対象学科一覧

社会福祉科 社会福祉士一般養成科 作業療法士科 昼間部 作業療法士科 夜間部 介護福祉士科 昼間部