オープンキャンパス

資料請求

社会福祉科

高度専門士 社会福祉科 昼間部 4年制高校卒業以上の方

注目
4年間で社会福祉士と精神保健福祉士の資格をW取得できます!
TOPIC
自分にとっていい学校って? 大学進学希望だった私があえて「4年制の専門学校」を選んだ理由

大学にはない実践的な学びの4年間で2つの国家資格を目指す

  • 目指す資格

    • 社会福祉士 [国家資格]
    • 精神保健福祉士 [国家資格]
  • 活躍の場所

    • 地域包括支援センター
    • 社会福祉協議会
    • 病院
    • クリニック
    • 特別養護老人ホーム
    • 介護老人保健施設
    • 障害者支援施設
    • 就労継続支援事業所
    • 小中高校
    • 児童養護施設
    • 障害児施設
    • 地域生活定着支援センター
    • 少年院
    • 刑務所
    • 地方自治体
    • 福祉事務所
    • 児童相談所
    • 保健センターなど
Strength of Course

社会福祉科の強み

  • point1

    実践的な学びを通して、卒業時に
    社会福祉士と精神保健福祉士、2つの受験資格を取得できる

    ソーシャルワークの2つの国家資格(社会福祉士・精神保健福祉士)の指定カリキュラムを4年間でじっくり学びます。ソーシャルワーク実践に必要なアプローチの基礎をしっかり固める学びと、国家試験に合格するための学びを通して、福祉現場で活躍できるソーシャルワーカーを目指します。

  • 実践的な学び

全国トップクラス高い合格率

  • 社会福祉士

    83.8%

    2019年度実績
    (合格者31名/受験者37名)

    全国平均 29.3%
  • 精神保健福祉士

    96.9%

    2019年度実績
    (合格者31名/受験者32名)

    全国平均 62.1%
    • 在校生
      Mさん

    • 実践的な授業でソーシャルワーカーに近づける!

      入学前は、専門学校はとても忙しいというイメージでしたが、実際はクラスメイトとのグループワークや、先生と対話をする時間が多くあります。 1年生の頃から毎日の講義授業とソーシャルワーク演習の授業、現場を体験できる実習などで「ソーシャルワーカーになった時にどのように思考するか」ということを徹底的に深めていくことができます。

    • 専任教員
      小島先生

    • 高い合格率の理由

      担当科目:ソーシャルワークの理論と方法

      知識はより豊かな実践を可能にし、実践は正しい知識に支えられてこそ力を発揮します。社会福祉科では、1,2年生の早い時期から地域連携プログラムやグループワークなどを通して実践力を磨きます。実践的なカリキュラムの導入により「知識の活用方法」「よりよい支援に求められる知識は何か」を体験的に学ぶことができます。この学びの積み重ねが、国家試験合格に結びつくのです。

  • point2

    チャレンジプログラムや地域連携プログラムを通して
    ソーシャルワークの理解が深まる

    社会生活の中で困難を抱える様々な方に関わるソーシャルワーカー。その多様な活躍の場を知るために、「チャレンジプログラム」や「地域連携プログラム」の授業では、施設や事業所を見学したり、利用者の方と関わる経験を積むことができます。専門学校ならではの実践的なプログラムで、ソーシャルワークの理解が深まります。

  • 活躍の場所

ソーシャルワークへの
理解を深める授業

    • 現場体験プログラム
    • 体験先
      チャレンジプログラム
      • 保育園
      • 児童養護施設
      • 児童館
      • 放課後等デイサービス
      • 療育センター
      • 中学校
      • 高齢者施設
      • 障害者支援施設
      • 就労継続支援施設
      • 地域活動支援センター
      • 一般病院
      • 精神科病院
      • 少年院
      • 児童相談所
      • 特例子会社 など
    • 地域連携プログラム
    • 実施例
      地域連携プログラム
      • 生活介護事業所利用者の方を対象にしたオンライン外出の企画運営
      • 福祉を学ぶ学生に向けた里親制度の啓発
      • 地元企業(医療・介護・教育)の社内報増刊号の編集・発行
    • 在校生
      Yさん

    • たくさんの刺激をもらった「超福祉展」!

      2019年の「超福祉展」のサテライト会場イベント「ソーシャルワーク・ラボin原宿」では、ワークショップを通じ現場で働く方の生の声を聞くことができ、学校の中では見ることのできない様々な福祉の形を体験することができました。

  • 地域連携プログラム

    ソーシャルワーク・ラボin原宿(2019年)

社会福祉科対象の学費サポート

  • 学費サポート制度を利用して、
    なりたいを叶えよう!

    • 特待生制度
    • 日本学生支援機構奨学金
    • 予約採用分納制度
    • 高等教育の修学支援新制度 など
Curriculum

学びのカリキュラム

    • ソーシャルワーク演習(社会専門)

      実践に必要な知識と技術を統合し、様々な対象に対応できる援助技術を身につけます。具体的なケースを想定し、相談・援助者役のロールプレイを行い、相談のプロセスや要素を理解します。

    • キャリアプランニング

      在学中から卒業後の自身のキャリア形成の上で必要となる課題や問題に対して主体的に考え行動する力を養います。多角的な視点で課題をとらえ、他者と協働して解決を図る基盤を身につけます。

時間割

1年次
1限 9:10~10:40 キャリアプランニング 障害者福祉 チャレンジ
プログラム
- 精神保健
福祉の原理
2限 10:50~12:20 ソーシャルワークの
基礎と専門職
心理学と心理的支援 - 高齢者福祉
3限 13:10~14:40 ソーシャルワークの
理論と方法
コミュニケーション技法 児童・家庭福祉 ソーシャルワーク演習
4限 14:50~16:20 - - 情報リテラシー
  • 一例です。年度や学年によって時間割が変わります。

カリキュラム

  • 医学概論
  • 心理学と心理的支援
  • 社会学と社会システム
  • 社会福祉調査の基礎
  • ソーシャルワークの基盤と専門職
  • ソーシャルワークの基盤と専門職(専門)
  • ソーシャルワークの理論と方法
  • 地域福祉と包括的支援体制
  • 福祉サービスの組織と経営
  • 社会保障
  • 高齢者福祉
  • 障害者福祉
  • 児童・家庭福祉
  • 貧困に対する支援
  • 権利擁護を支える法制度
  • 刑事司法と福祉
  • 社会福祉の原理と政策
  • 精神医学と精神医療
  • 現代の精神保健の課題と支援
  • 精神保健福祉の原理
  • 精神障害リハビリテーション論
  • 精神保健福祉制度論
  • ソーシャルワーク演習
  • ソーシャルワーク演習(社会専門)(精神専門)
  • ソーシャルワーク実習指導(社会)(精神)
  • ソーシャルワーク実習(社会)(精神)
Qualifications & Emplayment

資格・就職

目指す資格

  • 社会福祉士 合格率

    83.8%

    2019年度実績(合格者31名/受験者37名)

    全国平均 29.3%

  • 精神保健福祉士 合格率

    96.9%

    2019年度実績(合格者31名/受験者32名)

    全国平均 62.1%

    • 社会福祉士 [国家資格]
    • 精神保健福祉士 [国家資格]

活躍する場所

  • 就職率

    100%

    2019年度実績(就職者34名/就職希望者34名)

  • 就職先種別グラフ
    • 地域包括支援センター
    • 社会福祉協議会
    • 病院
    • クリニック
    • 特別養護老人ホーム
    • 介護老人保健施設
    • 障害者支援施設
    • 就労継続支援事業所
    • 小中高校
    • 児童養護施設
    • 障害児施設
    • 地域生活定着支援センター
    • 少年院
    • 刑務所
    • 地方自治体
    • 福祉事務所
    • 児童相談所
    • 保健センターなど
Senior & Teacher's Voice

先輩・先生の声

  • Senior

    在校生 Aさん
    社会福祉科 1年

    居心地の良い雰囲気が気に入りました

    福祉に興味を持ったきっかけは、一番身近にいる母親が福祉施設で活躍している姿に憧れたことです。居心地のいい雰囲気と、多くの実習で経験が積めるこの学校で学びたいと強く感じ、進学する事を決めました。

  • Teacher

    田邊 慎悟先生
    担当教科:児童・家庭福祉

    誰かの役に立ちたいという気持ちを一生の仕事に

    社会福祉は特別なものではなく、日常的に私たちの生活の中に存在しています。誰もが、暮らしやすい社会を実現するために、「社会貢献を仕事にしたい」「誰もが住みやすい社会を創造したい」を一生の仕事にしてみませんか?

Event & Relation

注目イベント・関連ページ