オープンキャンパス

資料請求

IT医療ソーシャルワーカー科

ITを活かした新しい支援ができる
社会福祉士をめざす

IT医療
ソーシャルワーカー科
昼間部 4年制高校卒業以上の方

2022年4月新設
注目
ITに強い社会福祉士に!社会福祉士とITパスポート・基本情報技術者の資格取得をめざす!
お知らせ
【大学受験を頑張った方】選考料2万円免除など、大学入試特典のお知らせ
TOPIC
Society5.0時代に求められる福祉人材とは?

目指す資格

  • 社会福祉士 [国家資格]
  • 基本情報技術者 [国家資格]
  • ITパスポート [国家資格]
Strength of Course

IT医療ソーシャルワーカー科の強み

  • point1

    「社会福祉士」を取得し
    ソーシャルワーク専門職として活躍する基盤を確立する

    「社会福祉士」として人や地域を支援する力を養いながら、社会福祉士指定科目を3年次までに履修し、4年次は受験対策にじっくり取り組みます。豊富な現場体験や実習により、実践力を着実に身につけることができます。

  • 「社会福祉士」を取得しソーシャルワーク専門職として活躍する基盤を確立する

IT医療ソーシャルワーカー科の『4年間の学び』

  • 1年次

    これからの社会の姿や
    解決が必要な地域課題を理解する
    • Society 5.0時代の医療福祉の未来
    • 社会システムや人の多様性の理解

    2年次

    ソーシャルワークとITを
    利活用できる基盤を身につける
    • 医療機関や福祉事業所でのソーシャルワーク実習
    • システムサービスマネジメントの理解
    • ITパスポート 国家試験対策

    3年次

    社会課題解決のためのアプローチを実践する
    • 産官学連携によるPBL学習(プロジェクト・ベースド・ラーニング)
    • 基本情報技術者 国家試験対策
    • 海外研修(世界をリードするデジタル社会の実際を見学)

    4年次

    卒業後に即戦力として
    活躍できる知識や技術を強化する
    • 医療・福祉・地域課題×Techのケースワーク
    • 目的に応じたデータ活用やAI実装方法の理解
    • 社会福祉士 国家試験対策
  • 4年間の学び 4年間の学び
  • point2

    ITの学びでソーシャルワーカーとしての支援の幅が拡がる

    「ITパスポート」「基本情報技術者」の2つのITの国家資格取得にチャレンジ。課題にアプローチする際に、ITを利活用できる視点とスキルの引き出しを持った次世代のソーシャルワーカーを目指します。

  • ITの学びでソーシャルワーカーとしての支援の幅が拡がる
  • IT×福祉で広がる可能性!

    放課後等デイサービス「キッズコネクション」では、ICTを活用しながら、障害を持つこども達の強みを最大限に活かし、自分らしい生き方に結びつけていくサポートをしています。

  • 動画をチェック!

  • point1

    コンピューターの初心者から
    医療・福祉分野のDXを推進する人材を目指す

    文系出身者や情報の授業が苦手だった方も安心。ITが医療や福祉分野でどう活用されるのかのイメージを持ちながら4年間じっくりスキルを学ぶので、卒業時は医療・福祉分野でのDXを推進する人材として活躍できます。

  • コンピューターの初心者から医療・福祉分野のDXを推進する人材を目指す

福祉分野のDXとは?

  • 福祉分野のDXとは?
    • 施設の書類や利用記録を一括管理するシステムの導入
      ペーパーレスやミスの減少による業務の効率化!
    • 利用者や施設間のスマホやタブレットとの連携
      リアルタイムな情報共有場所にとらわれない働き方が可能!
    • 介護ロボットの実装 など
  • ICTを利活用して活躍する社会福祉士

    社会福祉士の清水さんは、病院で医療連携室の主任兼、法人のICT担当として活躍しています。働いている現場での様子や困ってる人を助けたいという強い想いにふれることで、新しい福祉の形が見えてきます。

  • 動画をチェック!

学費サポート制度 学費サポート制度

サポート制度や学費の不安を相談できる!

Curriculum

学びのカリキュラム

    • 社会学と社会システム

      仕事を想定しチームで課題解決に取り組む授業。チームで計画や実行する力、成果の発信方法や働きかける力を身につけます。

    • AI利活用入門

      AI開発・研究の歴史や、AIの機能や分類の基本を理解するとともに、AIが社会の中でどのように利用されているか、また利用が目指されているのかを理解します。

時間割

1年次前期
1限 9:10~10:40 キャリアプランニングⅠ ソーシャルワークの
理論と方法
ソーシャルワークの
基盤と専門職
チャレンジプログラムⅠ 情報テクノロジー概論
2限 10:50~12:20 情報リテラシー ソーシャルワーク演習 地域福祉と
包括的支援体制
情報テクノロジー演習
3限 13:10~14:40 AI利活用入門 社会学と社会システム 保健医療と福祉 -
4限 14:50~16:20 - 社会保障 - - -
  • 一例です。年度や学年によって時間割が変わります。

カリキュラム

- 1年次 -

  • キャリアプランニング1
  • チャレンジプログラム1
  • 統計の基礎
  • AI利活用入門
  • 情報リテラシー
  • 情報テクノロジー概論
  • 情報テクノロジー演習1
  • 情報マネジメント・ストラテジー
  • 医学概論
  • 心理学と心理的支援
  • 社会学と社会システム
  • 地域福祉と包括的支援体制I
  • 障害者福祉
  • 社会保障
  • ソーシャルワークの基盤と専門職
  • ソーシャルワークの理論と方法
  • ソーシャルワーク演習(共通)
  • ソーシャルワークの基盤と専門職(専門)
  • 高齢者福祉
  • 保健医療と福祉
  • ソーシャルワーク演習(社会専門)Ⅰ-1

- 2年次 -

  • キャリアプランニング2
  • チャレンジプログラム2
  • 情報テクノロジー演習2
  • システムサービスマネジメント
  • AIの基礎
  • 社会福祉の原理と政策1
  • ソーシャルワークの理論と方法(専門)
  • 児童・家庭福祉
  • 貧困に対する支援
  • ソーシャルワーク演習(社会専門)Ⅰ-2
  • ソーシャルワーク演習(社会専門)Ⅱ-1
  • ソーシャルワーク実習指導(社会)1
  • ソーシャルワーク実習(社会)1

- 3年次 -

  • キャリアプランニング3
  • プロジェクト学習1
  • 国際教育
  • ソフトウエア・ハードウエア応用技術
  • データーベースとネットワーク・セキュリティ応用技術
  • アルゴリズム応用技術
  • ×Techのケースワーク
  • ディープラーニングの概要と手法
  • 基本情報技術者試験対策
  • 社会福祉の原理と政策2
  • 社会福祉調査の基礎
  • 権利擁護を支える法制度
  • 刑事司法と福祉
  • 地域福祉と包括的支援体制2
  • 福祉サービスの組織と経営
  • ソーシャルワーク実習(社会)2
  • ソーシャルワーク実習指導(社会)2
  • ソーシャルワーク実習(社会)2

- 4年次 -

  • キャリアプランニング4
  • プロジェクト学習2
  • ソーシャルワーク特別授業(国家試験対策)
  • ×Techのケースワーク
  • 応用情報技術
Qualifications & Emplayment

資格・就職

  • 目指す資格

    • 社会福祉士 [国家資格]
    • 基本情報技術者 [国家資格]
    • ITパスポート [国家資格]
  • 活躍する場所

    • 地域包括支援センター
    • 社会福祉協議会
    • 病院
    • クリニック
    • 特別養護老人ホーム
    • 介護老人保健施設
    • 障害者支援施設
    • 就労継続支援事業所
    • 小中高校
    • 児童養護施設
    • 障害児施設
    • 地域生活定着支援センター
    • 少年院
    • 刑務所
    • 地方自治体
    • 福祉事務所
    • 児童相談所
    • 保健センター
    • NPO法人
    • IT関連企業
    • 福祉機器開発企業など
Senior & Teacher's Voice

先輩・先生の声

  • Senior

    卒業生 Oさん
    ソーシャルワーカー
    在宅クリニック勤務

    ITの利活用でもっとタイムリーで正確な支援を

    東京福祉専門学校を卒業してから現場で患者様の支援をしていますが、ITを利活用することでもっとタイムリーに、もっと正確に支援ができたのではないかと思うことがあります。今後は、患者様の生活の変化があったとしても、ずっと継続的な支援ができるようなシステムを構築できるのではないかと期待しています。

  • Teacher

    川田先生
    Good Life Japan
    共同代表

    時代の流れに合わせた働き方や支援の仕組みづくりが大切

    テクノロジーは福祉の反対にあるのではなく、よりよい支援や援助のために積極的に活用していくことが大切だと感じているので、"アナログ or デジタル"ではなく、"アナログ and デジタル"という視点で、時代の流れに合わせた働き方や支援の仕組みづくりが大切だと感じています。将来この学科を卒業する学生の皆さんの活躍や、そこから生まれる社会の変化が今からとても楽しみです。

Event & Relation

注目イベント・関連ページ