専門実践教育訓練給付金

専門実践教育訓練給付金とは

働く方の能力開発、中長期的なキャリアアップを支援するため、厚生労働大臣が指定する教育訓練講座を受講し一定の要件を満たした方に対して、受講費用の一部を給付する制度です。

平成26年10月から教育訓練給付金の制度の給付内容が拡充されました。

申込要件 雇用保険の被保険者期間が10年以上(初めての場合は2年以上)
45歳未満の離職者の方は併せて教育訓練支援給付金の対象となる場合があります
利用するには 2020年2月末までにハローワークで受講前手続きを終了することが必要です
支給金額 教育訓練経費(諸費用・教育充実費については対象外のものがあります)の50%
(年間最大40万円、学科によってはこれを下回る場合があります)
卒業後、資格を取得し1年以内に雇用保険の一般被保険者になれば20%が加算されます
(但し金額制限あり)
支給方法 申請により半年ごと
  • 専門実践教育訓練の給付金についての内容は、厚生労働省のHPで公開されています。より詳しくお知りになりたい場合は、各ハローワークにお問い合わせください。

対象学科一覧

社会福祉士一般養成科 精神保健福祉士一般養成科 作業療法士科 夜間部

ページの
先頭へ